人気ブログランキング |

ホスピタリティー

b0155872_17471246.gif

前回のブログにてカメラを修理に出すことを書いたと思います。
原因が分かり連絡をもらった所「フラッシュの窓の所が汚れている為」とのことだった。
修理代金はやはり¥12,000。

よくわからない原因の為に調子が悪くなり¥12,000もとられるのならフラッシュたかないで使うことを決断し修理せずに戻してもらった。

戻ってきた物をみると確かにフラッシュ窓の所がボールペンでなぞっているような感じで汚れていた。どうしてそこがそうなったかは検討がつかない。
いわれた通りこれが原因であるならばこれを落とせば直るはずと思い、ラッカーをつけた布でこすって汚れを落としました。
おそるおそるフラッシュをたいてみた所・・・直った。
何度かやって見ましたが煙は上がらず問題なし。いったいなんだったんだーという感じ。

マニュアル通りの対応をしてくれたのだと思いますが、もう少し気の利いた対応が出来たんじゃないかなぁーとも思います。
人の振り見て・・・精進したいと思います。
by suf-teak | 2008-09-18 18:44


<< プルメリア 修理 >>